まだ間に合う!マイナンバーカード申請!楽天カードでマイナポイントゲット!

スポンサーリンク
暮らし
コン
コン

マイナンバーカードが出た頃は、これ必要なのか?と思っており申請はしていませんでした。

しかし、マイナポイント5000ポイントプレゼントや各種証明書がコンビニで発行、e-Txaxによる税の電子申請など利便性が向上したのを期に申請に至りました。まぁ5000ポイント貰えるっていうのが、一番の申請理由ですかね・ω・

今回は、マイナンバーカードの申請から5000ポイント獲得までの流れを紹介します。

この記事は、こんな方におすすめ!
  • マイナンバーカードを申請してみたいけど、よくわからない方
  • 楽天経済圏利用でマイナポイント5000ポイント欲しい方

マイナンバーカードとマイナポイントとは?

マイナンバーカードは、クレジットカードのようにICチップがついており、顔写真付きのマイナンバー(個人番号)が表示されているカードです。

マイナンバーカードの利点
  1. 身分証明証として使える
  2. 住民票、印鑑証明書、戸籍謄本がコンビニで取得できる
  3. e-Tax等を利用して確定申告が電子申請できる(青色申告は特別控除額アップ!)
  4. 今後、健康保険証としても利用できる(オンライン資格確認)

マイナポイントは、マイナンバーカード普及を目指すため行っている施策です。ポイントあげるからマイナンバー作って!という国からのメッセージです。マイナポイントは、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすると、ご利用額の25%分のポイント(上限5000円分)がもらえます。楽天で言えば、楽天ポイント上限5000ポイントプレゼントというわけです。

マイナポイント獲得の方法
  1. マイナンバーカードを申請する
  2. マイナンバーカードを受け取りに行く
  3. マイナポイントを申込む
  4. チャージまたはお買い物

マイナポイント獲得には、2021年3月末までにマイナンバーカードを申請する必要がありますので、ご注意ください。

マイナンバーカードの申請方法について

マイナンバーカードの申請は、スマホやパソコンまたは郵送と、いくつかの方法があります。申請するにあたり必要なものが若干異なりますので、ご注意ください。

ちなみに私の場合、通知カードは持っていたのですが申請書IDやQRコードが印字された用紙を紛失した為、郵便で手続きしています。

スマホ、パソコンの場合
  1. 申請書IDまたはQRコード
  2. 個人番号(通知カードに記載あり)
  3. 連絡用メールアドレス
  4. 顔写真(データでOK)
郵便の場合
  1. 交付申請書(封筒も含めHPより印刷可能)
  2. 個人番号(通知カードに記載あり)
  3. 顔写真(要印刷:書類に貼り付ける為)
コン
コン

要するに申請書IDがわかる人は、オンラインで申請。わからない人は市区町村窓口でIDを確認するか、手書きで交付申請ということですな!

オンライン(スマホ・パソコン)での申請方法は今回省略し、私のように申請IDがわからない方に向けて説明していきます。

マイナンバーカード【手書き交付申請方法について】

下の書類がマイナンバーカードの交付申請に必要な書類です。A4用紙で1枚のみとなっていますので、実はそんなに難しい書類ではありません。

公式サイトへリンクしています。(PDF)
郵便による申請方法 – マイナンバーカード総合サイト

上記公式サイトに申請方法は全て書いてありますが、申請にあたり大事な点を解説していきます。要点は下記の通りです。必ず通知カードを必ずお手元に用意してから書類を作成することをオススメします。

手書き交付申請で大切なこと
  1. 貼り付ける写真に注意
  2. 電子証明書発行を受けない時だけ黒く塗りつぶす!

1.貼り付ける写真に注意

基本的に、履歴書や免許証等に用いる写真と注意事項は同じになります。写真サイズは縦4.5cm、横3.5cmのものを書類に貼り付けます。写真は6ヶ月以内に撮影されたものと決められております。またマイナンバーカードを受け取る際に、役場の職員に本人かどうか写真と照らし合わされるので、あまりにも違う容姿に見える写真は控えた方がよいです。

公式サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/hpsv/wpmng/documents/tegaki-kofu-shinseisho.pdf)より抜粋
写真規格について
  • 6ヶ月以内に撮影した写真
  • 正面を向き、無帽、無背景で撮影
  • 縦4.5cm×横3.5m(縁無し)
  • 平常時の顔で撮影されているもの
  • 顔や背景に影がないもの
  • 鮮明に撮影されている(ピンぼけNG)
  • 傷や汚れがない写真
  • サングラス等で顔が隠れていない写真

2.電子証明書発行を受けない時だけ黒く塗りつぶす!

申請書類に上記の欄があります。電子証明書発行を申請する場合に申請日と氏名を記入するのですが、私は、氏名を書いた勢いで下にあるチェックボックスを塗ってしまいました…これ電子証明書の発行を受けない場合に塗るんですよね(幸い、発送前に間違いに気づいたので、書き直しをして発送しました。)

マイナポイントや今後コンビニで証明書発行を利用する場合は、この電子証明書発行は必須となりますので、黒く塗りつぶさず放置しましょう!私のように間違えないように申請して下さい。

郵送については、公式サイトで封筒も印刷できるので是非活用してください。切手代がかかりませんので活用しない理由はないですね(^^)

公式サイトへリンクしています。(PDF)
送付先情報

〒219-8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛

封筒に上記の宛先は印字されていますが、念の為記載しておきます。

マイナンバーカードを受け取りに行く

申請してから1ヶ月程度経過すると、現住所にマイナンバーカードの受け取りに関する書類が市区町村から届きます。私の場合、1月下旬に申請して3月上旬にマイナンバーカード受け取りに関する書類が届きました。

マイナンバーカードを受け取る際に必要なものは下記になります。

持っていくもの
  • 通知カード
  • 印鑑(認印)
  • 交付通知書(市区町村から送付された書類)
  • 設定暗証番号記載票(市区町村から送付された書類)

各市区町村によってが若干書類の形式が異なると思いますので、届いた書類を必ずご確認ください。マイナンバーカードは、交付通知書に記載された期限までに受け取りに行って下さい。

マイナンバーカードを受け取るまでにかかった時間は、私の場合30分程度でした。内容はこんな感じです↓

マイナンバーカード受け取りまでのやり取り
  1. 交付通知書を役場職員へ渡す
  2. 交付される書類の個人情報に誤りがないか確認後、署名捺印
  3. 暗証番号を設定
  4. 役場職員よりマイナンバーカードの更新や利用方法の説明を受ける

事前に暗証番号を決めておかないともっと時間がかかるので要注意です。

暗証番号については、下記のように決まりがあります。

1.署名用電子証明書暗証番号は、英数字を組み合わせ6 文字以上 16 文字以下で設定。英字(大文字)はAからZまで、数字は0から9までが利用可能。

2.利用者証明用、住民基本台帳用、券面事項入力補助用暗証番号については、数字4桁で設定し同一設定OK

役場職員より受けた説明を要約するとこんな感じ↓

  • マイナンバーカードの有効期限は、発行後10回目の誕生日まで
  • マイナンバーカードの更新は、有効期限満了の3ヶ月前より可能(更新手数料と写真持参)
  • 紛失・引っ越し時の対応について
  • 電子証明書の有効期限は、発行後5回目の誕生日まで
  • 電子証明書の更新は、有効期限満了の3ヶ月前より可能(カードとパスワード持参)
  • コンビニでの証明書取得は、マイナンバーカード受け渡し24時間後より可能。

マイナポイントの申請について(楽天カード)

任意のキャッシュレスサービスを選び、いよいよマイナポイント受け取りの為に申請を行います。今回は楽天を選んだ場合についてご説明します。

楽天カードでマイナポイント最大5,000ポイントプレゼント!|楽天カード
マイナンバーカードを発行&マイナポイントのお申し込みをし、楽天カードをご利用いただくと最大5,000ポイントプレゼント!
必要なアプリ
  • マイナポイントアプリ
  • 楽天カードアプリ

マイナポイントアプリは、インストールするだけでOKです。申請は、楽天カードアプリで行います。

楽天カードアプリを起動した後に歯車マークをタップ→マイナポイント申込をタップします。

スマホについているNFC機能を使い、マイナンバーカードを読み取ります。

その後に、案内に沿って暗証番号4桁を入力して下さい。

読み取り後、楽天カードとサービス連携してよいか最終確認がでますので、「同意・申込する」をタップして下さい。下の申し込み完了画面が出れば終了です。

楽天の場合、2021年9月30日までにお買い物をする必要があります。またポイント付与(上限5,000)は、条件達成した翌々月の25日頃になります。何を買うか迷いますね(^^)

欲しいものを買うか、それともふるさと納税か・ω・

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました