mozフリーススリッパ レビュー

スポンサーリンク
暮らし

冬の時期、フローリングが冷たい。靴下履いてもひんやりしてくる。

今住んでいる地域は、冬はー10度以下なんて当たり前だからね…本当に寒いんだよ(-_-;)

解決策としてスリッパを買うことにしました。

悩んだ挙句買ったのが今回紹介するmozのスリッパです。

コン
コン

今時はルームシューズと言うらしいが、スリッパの方が言いやすいな~

moz フリース スリッパについて

今回紹介するmozフリーススリッパは、全部で四色、M・Lの2サイズ展開している商品です。

色は、アイボリー・グレー・ネイビー・イエローの4色となります。

サイズは、Mサイズが22.5cm~24.5cmです。

Lサイズは、25.0cm~26.5cmです。

男性が購入するなら、Lサイズですが足が大きい方は正直厳しいかなと思います。

クッション性は、低反発クッションやモフモフした感じはなく、よくある一般的なスリッパです。

下の写真のように商品が送られてきた時は、型崩れ防止のためクッション材が中に入っていました。

mozのブランドラベルは内側にひっそりとありました。

Lサイズのサイズ感

26.5cmの靴を履く私が履くとぴったりといった印象です。

(靴は2Eの26.5cmを基本履いています。足自体は約26cm程度です。)

足底の長さは約27cmあります。

足高がピッタリといった感じで、歩いていて簡単に脱げることはなさそうです。

足を入れる部分の高さは約7cmあります。

下の写真だと若干メジャーがずれていますが、改めて測ると全長は約29cmあります。

選んだ理由

理由①水洗いできるため

個人的に靴下は洗うのに、スリッパは洗わないっというのが嫌なので、洗えるタイプを探しました。

汗をかきやすい足ですし、使っているといつも間にか汚れることもありますから、洗えるに越したことはないですね。

洗濯表示を見ると、40℃限度の手洗いと非常に弱い操作によるウェットクリーニングはできるようです。洗濯表示の詳細は、経済産業省のホームページをご覧ください。

また購入先のサイトには、色落ちする可能性と漂白剤の使用は避け、陰干しが推奨されていました。

出典:経済産業省(https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html)

理由②デザインが気に入ったため

シンプルなデザインだけど、可愛さもあり気に入っています。特にmozのトレードマークである「エルク」(ヘラジカ)の刺繍が可愛いです。

理由③素材と機能

滑り止め以外の触れる部分がほぼフリース生地となっています。

滑り止めの部分は合成皮革になっています。

底の楕円形部分が滑り止めとなっています。適度に効くので、使い勝手は良いです。

まとめ

今回は、普段の靴のサイズが26.5cm以下の人におすすめのスリッパでした。

裏面もフリース生地なので、音もなりにくく買ってよかった商品でした。

毛玉のできやすさについては、しばらく使用してみて再度追記していければと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました