週間筋トレ記録12(1日平均1時間筋トレはハードルが高い!?)

スポンサーリンク
筋トレ

1日平均1時間筋トレすることはハードルが高い!?

1回あたりの筋トレのボリュームが徐々に増えたことで、筋トレ時間も増えてはいますが、休む日も多い状況です。体感では、筋トレ1日1時間くらいしているのですが、実際はどれくらいしているのか気になり調べてみました。

筋トレ日記時代

筋トレ日記をはじめた2021/2/6~4/3までの57日間における筋トレの平均時間は、約30分でした。

ちなみに当初は、筋トレを習慣化することに重きを置いていたので、トレーニングのボリュームも低かったです。

筋トレ日記開始から141日経過

筋トレ日記開始から6/26で141日経過しました。

今までの筋トレ時間をグラフにすると下記のようになります。

筋トレしていない日もありますが、徐々に筋トレ時間が増えている傾向になります。

各セットの休憩時間が前より長くなっている影響もありますが、日々の筋トレのボリュームも増えている状況です。

しかし、141日間の平均筋トレ時間は約43分です。

平均筋トレ時間は、筋トレ日記時代から13分程増えました。体感より筋トレしていないですね^^;

ここ3ヶ月(90日)における平均筋トレ時間だと約51分です。

それでも1日平均1時間も筋トレしていない状況です。

日々の積み重ねが重要な筋トレですが、予想以上に1日平均1時間筋トレすることのハードルが高く感じました。

こういう客観的気づきは、日頃の記録のおかげです・ω・

記録しておいてよかったです。

1回あたりの筋トレが1時間超えた方が成長を感じている

ここからは、体感の話になります。

上のグラフでいう86日目あたりから筋トレ時間が徐々に長くなる傾向にありますが、筋トレ時間が長くなったあたりから重量の伸びや、体の成長を感じやすくなりました。

筋トレ時間は、単純に長ければ良いということではありませんが、筋トレ時間が長くなることのメリットは下記のように考えます。

筋トレ時間が長くなった際のメリット
  • 1回あたりのトレーニングセット数や種目を増やせる
  • セット間の休憩を十分とれるので、各セットの挙上回数が減少しにくい
  • 各セット追い込んでも、次のセットまで十分休憩ができる

つまり、筋トレ時間が長くなったから成長したというというよりは、

1回あたりの筋トレのボリュームと強度をあげた結果、筋トレ時間が長くなり成長を感じやすくなった感じです。

今週の筋トレ記録

2分割で、6/20~6/23まで実施してみました。

しかし、脚の筋肉痛が取れず6/22と6/23は5セットもできませんでした。

回復が追いつかず、2分割は断念しています。

4分割だと週に2回同じ部位を鍛えられない点から、3分割に変更して今後実施していく予定です。

余談ですが、こういう動画見ると、自分はまだ努力が足りないと痛感します↓

メニューメインセット回数セット数筋トレ時間
6/20
(日)
スクワット
ベンチプレス
ナローベンチプレス
ケーブルアップライトロウ
70kg
72.5/70kg
55/50kg
40/45kg
10~6回
11~8回
10~7.5回
10回
各5セット
100分
6/21
(月)
ルーマニアンデッドリフト
チンニング
バーベルアームカール
スタンディングカーフレイズ
100kg
10kg
40/35kg
120/100kg
10回
12~8回
10~6回
13~10回
各5~6セット87分
6/22
(火)
スクワット
ベンチプレス
ナローベンチプレス
ケーブルアップライトロウ
72.5kg
72.5kg
57.5/55/52.5kg
50/45kg
10~8回
10~8回
10~8回
10~9回
各5セット90分
6/23
(水)
ルーマニアンデッドリフト
チンニング
バーベルアームカール
スタンディングカーフレイズ
102.5kg
10kg
40kg
122.5kg
10回
13~10回
10~8.5回
12回
各3セット55分
6/24
(木)
休み
6/25
(金)
ベンチプレス
インクラインベンチプレス
ダンベルフライ
フロントプレス
ケーブルアップライトロウ
サイドレイズ
ディップス
75kg
60/55kg
21kg
30/35kg
30/32.5kg
21kg
10kg
10~7回
9回
10回
13~10回
13~10回
10回
10~9.5回
各3~5セット110分
6/26
(土)
休み

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました