トータル10分!簡単!ワイシャツ襟汚れ落とし!

スポンサーリンク
暮らし
コン
コン

いつも通りの洗濯では、中々落ちないのがワイシャツの皮脂汚れ!

でも手間をかけるのも正直面倒くさい。

そんな私がたどり着いた楽な方法を紹介!

仕事で使用するワイシャツ。着こなすとかっこいいけど…本当に手間がかかる衣類だと思っています。

洗濯する度にシワがつき、アイロンが必要。クリーニング頼む方法もありますが、長期的に見て費用も結構かかる。最近はシワになりにくいワイシャツも増え、手間は少し減りましたが、それでも手首・襟の皮脂汚れからは、避けられない( ゚Д゚)

まぁ他の衣類だって皮脂汚れはついているのですが、ワイシャツは本当に目立ちます。

襟の皮脂汚れは、普通の洗濯では中々落ちない。←ここ重要!

家事は楽であればあるほど良い!と思っている私が、結局たどり着いた方法を今回は、ご紹介します。

この記事は、こんな方におすすめ
  • 楽して、ワイシャツの襟汚れを落としたい。
  • 毎回ではなく、目立ってきた時に汚れを落としたい。

結論

ワイシャツの簡単襟汚れ(皮脂)落としの方法は、こんな感じです。

  • 汚れた部分をお湯につける(5分放置)
  • トップ NANOX エリそで用を汚れた部分に塗る(5分放置)
  • 洗濯機へ入れ、洗濯開始!

まぁ結局のところ、商品に頼るのが一番でした(・∀・)

今まで重曹や、アルカリ電解水、酸素系漂白剤と洗剤の調合して塗るなど色々と試してきましたが、汚れが劇的に落ちはするものの、手間がかかって長続きしませんでした。

汚れの落ち具合はいかがなものか?

まずは、洗濯前のワイシャツをご覧ください(;´Д`)

(皮脂汚れが写りますので、ご注意ください!)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、まぁまぁ汚れております。襟の汚れ落としをここ数か月やっていないワイシャツです。案外着てしまえば、他人からはわかりずらいのですが…着ている本人はやはり気になるところです。

さぁ~襟の汚れ落としをやった結果は、こちら↓

ん~完璧に汚れが落ちたわけではないですが、結構落ちています。

比較してみるとこんな感じです↓

汚れ落とし前
汚れ落とし後

光の加減が違うので、わかりにくいと思いますが目視ですと感覚的にワントーン汚れが薄くなった感じです。数か月放置した汚れは落ちにくい感じです。放置しすぎは良くないということですね(;^ω^)

昨日着ていたワイシャツの汚れは、もう少しキレイになった感じでした。そこまで汚れていない為、ビフォーアフターがわかりにくく今回は載せませんが^^;

具体的な方法

やり方の流れは、こんな感じでトータル10分程度です。

  1. 汚れた部分をお湯につける(5分放置)
  2. トップ NANOX エリそで用 を汚れた部分に塗る(5分放置)
  3. 洗濯機へ入れ、洗濯開始!

1.汚れた部分をお湯につける

これが、2つの意味で重要です。

1つ目は、汚れが落ちやすくなる。

2つ目は、汚れ落としの洗剤が塗りやすくなる。

という意味があります。

我が家の場合、電気ケトルでお湯を沸かして洗面台に入れた後、水を足して60度くらいに温度を調整しています。

【注 意】衣類のラベルを見て縮まない温度を確認してください。

後は、5分ほど放置します。その間に洗濯の準備をすると待ち時間が気になりません!

2.トップ NANOX エリそで用 を汚れた部分に塗る

後は、汚れた部分に洗剤を塗り込むのみです。手荒れをしやすい方は、ゴム手袋等を装着して作業することをお勧めします!塗り終わったら5分ほど放置~(=゚ω゚)ノ

あまったケトルのお湯でコーヒーでも淹れるか~インスタントやけど

3.洗濯機へ入れ、洗濯開始!

ここは言わずもがな、いつものやり方で洗濯してください。特に濯ぐなどの作業は不要です。

後は、洗濯が終われば汚れが落ちています。

トップ NANOX エリそで用とは?

LIONから出ている襟・袖口の汚れに最適な衣類の部分洗い剤です。衣類に塗りやすいスポンジヘッド付きの商品で、詰め替え用も扱っています。

容器の形状も持ちやすく、衣類へ塗りやすいスポンジヘッドが気に入っています。

裏面がこんな感じで、使用方法や注意事項、成分等が記載されています。

詳しい商品の情報は、公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトですと、基本は洗剤を塗ったら放置せずに洗濯になっていますが、頑固な汚れの場合は、スポンジヘッドで擦ったり、5分程度放置を推奨しています。

まとめ

皮脂汚れは、中々日頃の洗濯では落ちくい!

でも楽して家事(洗濯)をしたい!どうせ着たらまた汚れるからね( ゚Д゚)

汚れを100%落とすことに労力を割かず、70~80%の汚れを楽して落として、浮いた労力を他に回す。こういった考えの方におすすめな方法だと思います。

便利商品+ちょっとした工夫で、より汚れが落ちやすくなります。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました