トイレ掃除は、塩素系トイレ洗剤がコスパ最強!

スポンサーリンク
暮らし

トイレ掃除って一般的に家事の中でも敬遠されがちと思われます。

でもトイレ掃除をサボると、某大手のCMで出てくる「さぼったリング」が…

ブラシで掃除、トイレスタンプ、置くだけなどトイレ掃除用品って以外に種類が多い。

正直、家事に時間もお金もそんなにかけたくない!

今回は、何だかんだコスパ最強が塩素系トイレ洗剤でしたという話です。

この記事は、こんな方におすすめ
  • 簡単にトイレ掃除したい
  • 安くトイレの綺麗を維持したい
コン
コン

大学時代は、清掃のバイトを数年していました。

バイトの影響で、掃除や家事は嫌いではありませんが、いかに簡単かつ効率的に行うかを考えるタイプです。しかしプライベートの空間は、自分が心地よく過ごせればそれでOKなので完璧を求めすぎず掃除しております。

結論

日々のトイレ掃除は、塩素系トイレ洗剤が手軽でコスパが良いです。

サッと便器にかけて放置!その後水を流すだけ!

手は汚れないし、汚い物を触らずに済むし、そして洗剤が安い!

便座等の拭き掃除については、トイレットペーパーとアルコールやアルカリ電解水または水を使えば充分なので、特にトイレ用品を揃える必要がないと思っています。

photeAC

トイレを綺麗に保つ秘訣は、汚れないよう配慮して使うことと、簡単でいいので定期的に掃除することです。汚れの沈着は、場合によっては業務用洗剤等でなければ落ちなくなるので注意しましょう。

塩素系トイレ洗剤とは?

今回コスパ最強としている塩素系トイレ洗剤は、「トイレハイター」などの↓のような商品です。

水酸化ナトリウム、次亜塩素酸塩、界面活性剤などが入ったジェル状の洗剤です。

水酸化ナトリウムの含有率が高いと一般的に洗浄力も高くなります。

代表的な商品を3つ取り上げてみましたが、どれも黒ずみ汚れを充分に除去してくれるので、まずは安いのを買うでいいと思います。

我が家では、以前はスクラビングバブル 超強力トイレクリーナーを使用していましたが、今は花王株式会社の除菌洗浄トイレハイターを使用しています。

理由は、近くのお店に売っている商品だからです。

スクラビングバブルは400gでトイレハイターは500g。トイレで使うことを想定し30分程度のつけ置きにおいて、洗浄力の違いは安全性を考慮した市販品において大差ないので、安さと容量で選んでいます。

なので、お店で取り扱う商品や値段が変われば、変えると思います(・∀・)

各トイレ掃除方法の比較

トイレ掃除方法について、まとめてみるとこんな感じです。

ブラシ
PAKUTASO
  • 隅々まで掃除できる
  • 長期に使えるものが多く、費用を抑えられる
  • ブラシ自体が不衛生になりがち
  • 掃除に時間がかかる
  • ブラシによっては、水が飛んでくる

ブラシで擦る+洗剤を使用する場合、汚れが落ちやすいです。トイレ掃除をイメージした時に出てくる一般的な掃除方法です。しかし汚れが落ちる分、掃除に時間がかかります。またブラシが不衛生という点は否めません。ブラシの水切り時に水が自分にかかったりすれば、それだけで嫌になります。最近は、ブラシ部分をトイレに流せるタイプもありますが、値段が高く掃除の度に取り替えるのは、正直面倒くさいと感じます。

置くだけタイプ
  • 置くだけで、汚れを防ぐ
  • 設置、取替が簡単
  • 芳香剤の役割もあり
  • 水を流す度に洗剤が減り、消費が早い
  • 洗浄力が高いわけではない
  • 設置できないトイレもある

置くだけで綺麗を維持してくれるので一番手軽です。しかし、黒ずみが発生した時に除去できる程の洗浄力はないことが多く、別の掃除方法と併用することをオススメします。

一人暮らしなど、トイレの流す回数が少ない方にオススメしやすいですが、家族が多いと洗剤の消費も早く、割高になるので要注意です。

また最近では、トイレタンク上部に手洗い用排水口がついていない場合もあり、設置できるトイレに制限があります。

スタンプ型
  • 便器内側にスタンプするだけの簡単設置
  • 流す度にいい香りがする
  • スタンプが小さくなると水流と一緒に流れてしまうことが多い
  • スタンプが原因で水が飛び散ることがある
  • スタンプの形が崩れると不格好

スタンプ型は設置も押すだけで簡単です。置くだけタイプと同じくいい香りがするため、芳香剤代わりになります。しかし水流が強い部分やスタンプする場所が悪いと、水がスタンプに当たった時に水が飛び散ります。

またスタンプが小さくなると水流に負けてそのまま流されることもあります。なんか損した気分になります。

スタンプはゼリー状のものが多いですが、段々と水流によって形が崩れ便器内に汚れがあるみたいで、正直見た目的に良いのは最初だけです。

塩素系洗剤
  • サッと便器にかけて放置でOK(3~30分)
  • 商品が安い
  • 塩素なので除菌力は高め
  • 洗剤が服につくと色落ちする
  • 塩素臭く、換気推奨

ドロっとしたジェル状の洗剤です。掃除方法は、便器のフチ裏を沿うように洗剤を一周かけるだけです。汚れ具合に応じて放置する時間を長くすることで、より汚れが落ちやすくなります。塩素系なので、漂白効果も高く便器がピカピカになります。

ドラッグストアなどでは、500mlタイプ200円以下で売られていることが多くコスパが良いです。

もちろんデメリットもあります。塩素系故に、衣類につくと色落ちします。そして使うと塩素臭いです。お風呂のカビ取り剤を想像して頂ければと思います。

慣れれば問題ないですが、最初の頃は少し気を使う場合もあります。

コン
コン

各掃除方法、良し悪しはあるので本当は組み合わせるのがベストのような気がするけど、面倒くさいことは極力省きたいところ。

手軽さ、安や、綺麗さなど何を優先するかによるね!

塩素系トイレ洗剤での掃除方法

①便器のフチ裏に沿うように洗剤をかける

上からかけると自然と便器全体に洗剤がかかります。

②2~3分放置する(黒ずみが多い場合などは10分程度放置)

擦らないでOKです。(擦ることで洗剤が服に飛び散る可能性があります)

③水を流す

④ピカピカ

非常に簡単な作業です(^^)

すぐに黒ずみがつく場合

photeAC

日々、便器を掃除してもすぐに黒ずみがつくという場合は、タンク内にカビが多いと思われます。まずはタンク内の掃除を行うのが得策でしょう(^^)

我が家は賃貸物件ですが、入居当初はタンク内が黒カビだらけでした(´・ω・`)

そこで我が家では、タンク内をオキシクリーン漬けにしました。

オキシクリーンでなくても酸素系漂白剤でOKです。

方法としては下記の通りになります。

  1. 給水栓を閉める
  2. タンク内の水を半分程減らす(小で流すと調整しやすいです)
  3. 酸素系漂白剤を入れる(洗濯槽除菌時と同じ濃度でOK)
  4. 沸かした熱湯を入れ、40~50度になるよう調整する
  5. かき混ぜて1時間程放置
  6. 給水栓を開ける
  7. タンク内の洗剤成分・カビ等を流す

工程にすると多く感じますが、簡単ですので是非試してみて下さい。また事前にタンク内の汚れを取れる範囲で拭き取って置くとより効果が増します。

タンク内は陶器やプラスチック及びゴムを使用していることが多く、経年劣化もあるため充分注意して作業して下さい。

まとめ

2週に1回でもトイレ掃除をすることで、パット見の綺麗を保つことはできます。

綺麗の定義は人それぞれですので、ご自身が納得すればそれでOKです。

また掃除と同時に大切なのは、汚さない使い方です。

男性の方、洋式便器に立って用を足していませんか?

私も男性ですが、立って用を足すのは男性用便器のみにしましょう!家のトイレ掃除が大変になるのは、面倒ですよね?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました